歯医者が苦手な子供が多い

工夫している歯医者を探す

歯医者に行った時は、自分の順番が来るまで待合室で待ちます。
その時に壁紙がシンプルで何も装飾がないと、不安な気持ちになってしまうかもしれません。
それだけで子供は歯医者が嫌いになるので、待合室を明るい雰囲気にするよう工夫している歯医者を探してください。

壁紙の色を黄色やオレンジなどにしたり、折り紙で装飾したりしている歯医者が良いですね。
すると見ているだけで楽しい気分になるので、子供は歯医者を好きになってくれると思います。
歯医者のホームページを見ると写真が掲載されており、待合室の雰囲気や工夫していることを把握できます。
子供を怖がらせないよう、様々な努力をしていることがわかったら、子供を連れて訪れてください。

遊ぶことで気を紛らわす

待合室にオモチャがあったり、絵本が用意されたりしている歯医者も子供向けなのでおすすめです。
黙って待っていると、治療中の音が聞こえてしまいます。
治療で使う様々な機器の音に恐怖心を抱き、歯医者が嫌いになる子供が多いので注意してください。
しかし遊んでいればそのような怖い音が聞こえず、楽しい気分のまま自分の順番を待つことができます。

親も、積極的に子供の遊びに付き合ってあげましょう。
すると、さらに子供は楽しい気分になります。
小さい頃に歯医者は怖いものだと認識すると、それからずっと拒否してしまいます。
虫歯になってから歯医者に連れて行くのが大変ですし、歯医者に行かなくても良いよう、子供が虫歯を隠すようになるかもしれません。


この記事をシェアする